白川郷学園のご案内
t_14.jpgg_22.jpgg_14.jpg

1 小中一貫教育とはどんな教育なのですか?

義務教育9年間の学びの連続性を大切にし、9年間を見通した教育を行います。
小学校も中学校も同じ教育目標を掲げ、共通の指導理念の元、それぞれの発達段階に応じた指導を積み上げます。(ただし、小学校6年間の教育課程、中学校3年間の教育課程はこれまで通りで、それぞれに入学式や卒業式はおこないます。)
PTAの活動や、学校行事など合同で行った方がより効果的な場合は、合同で行います。
小学校では、保育園との連携を、中学校では、高等学校等との連携も大切にしていきます。

 

 

g_15.jpg

 2 小中学校の先生の兼務辞令とはどんなことですか?
小学校の先生は中学校へ、中学校の先生は小学校へ行って授業を行うことができます。ただし、小学校の先生が中学校の担任をすることはできません。(中から小へも同じです)(こうした兼務辞令は、全国的に見てもまれなケースです。)
小中一貫教育では、小学校の先生と中学校の先生が共に力を合わせ、小中の児童生徒の教育に携わっていきます。(互いの校舎が繋がっているため可能となりました。)

 


g_16.jpg

3 教科教室はどのように利用されていますか?
中学校には、各学年の教室に加えて、国語科教室、英語科教室、社会科教室、数学科教室が整備されています。(理科室や音楽室など以外にこうした教科教室を備えた中学校は県内では白川村だけです)
主に小学校の高学年と中学生は、各教科教室に移動して学習します。資料の掲示などその教科独自の学習環境の中で学習することができます。
その他に、理科室(中学校舎)、音楽室(小学校舎)、家庭科室・技術室(中学校舎)なども共用し、図書館(小学校舎)も共用しています。図書館は、村民図書館ですので、村民のみなさんも利用していただけます。

g_12.jpg

 

 

g_19.jpg

4 小学校でも教科担任制をとり入れているのですか?
小学校においても専門性を有する教科においては、中学校の先生も参加して教科担任制をとり入れています。
今年度は、小学校高学年の理科と社会を教科担任制にしています。国語と算数と外国語活動については担任が主として授業をしますが、中学校の教科担任も一緒に授業を行います。音楽は、小学校3年生から中学校3年生まで中学校の教科担任が授業をします。(小学校の低・中学年段階では、担任が授業した方がより効果的です。)中学の美術と技術は、それぞれ小学校の美術専門、技術専門の先生が教えています。

 


g_18.jpg

5「きめ細やかな指導」とは、どのような指導なのですか?
中学校の数学では全学年、数学専門の教科担任の他に2人の先生が加わって、3人の指導体制が可能となりました。生徒一人一人の理解の度合いに応じた指導(習熟度別指導)を工夫しながら、より手厚い指導で確かな学力をはぐくむようにしています。
小学校でも高学年の算数・外国語活動は、担任に加え、中学校の数学・英語の教科担任が一緒に授業をおこなっています。

g_13.jpg

 


6 白川村の一貫教育の特色は何ですか?
白川村小中一貫教育では、「ひとりだち」を義務教育段階での出口として、
次の三つを特色(重点)としていきます。

(1)どの子にも確かな学力をはぐくむ学校

義務教育段階で身につけなければならない基礎的・基本的な学力はどの子にも身につけさせます。
得意分野で伸びる子にはより発展的な学習を、苦手分野でつまずいている子には、
より丁寧に教えたり、繰り返し指導を行ったりしていきます。(きめ細やかな指導)

(2)地域に根ざしたふるさと学習を推進する学校

白川村の伝統文化や文化財、地域の風土にはぐくまれてきた結の心を、地域の人から学び、
ふるさと白川郷を深く愛し、誇りをもってふるさと白川郷を語れる子をはぐくんでいきます。
小学校から中学校までのふるさと学習に一貫性をもたせ、小学校段階では主に
「ふるさとを知る」学習を、中学校段階では主に「ふるさとを発信する」学習を行っていきます。

g_20.jpg


(3)英語学習を充実し国際理解力をはぐくむ学校
小学校1年生段階から、英語に親しむ活動を取り入れ、豊かなコミュニケーション能力をはぐくんでいきます。
白川村の自然や文化など、郷土に関わる英語を積極的に取り入れ、ふるさと学習と英語学習の関連も図りながら、国際性を養っていきます。
中学校3年生で行うオーストラリア研修では、白川村の芸能や世界遺産としての白川村を海外に発信できるようにします。

g_21.jpg

▲Page Top

 

 

t_15.jpg

●平成26年度白川小学校の学校経営の全体構想はこちら
●平成26年度白川中学校の学校経営の全体構想はこちら
 

▲Page Top

 

 

 

t_16.jpgg_06.jpg

▲Page Top

 

 

t_18.jpg

各学年の発達段階に応じて、「聞く」・「話す」・「書く」学習を徹底します
個に応じた指導を工夫して、「どの子にも」確かな学力を育みます
「教える指導」「考える指導」の、指導内容に応じた調和を図ります
「終末の時間」を確保し、そこでの見届けを学習指導に生かします

g_07.jpg

▲Page Top

 

 

 

t_17.jpg
g_05.jpg

▲Page Top

 

 

t_19.jpg

総合的な学習の時間 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
英 語
結タイムズ
(ふるさと学習)
 夢タイムズ
(キャリア学習)
あいタイムズ
(白川村を題材とした学習)

3








 
世界とつなぐ白川村
・オーストラリア研修(9月)
白川村の伝統文化を中心に、世界遺産白川村を英語を使って伝える。海外研修の成果を英語で報告する。
白 川 の 伝 統 を 受 け 継 ぐ 中 学 3 年 か ら 小 学 1 年 ま で 合 同 で 地 域 の 方 か ら 民 謡 の 踊 り を 学 ぶひとりだち
プロフェッショナルに学ぶ
白川村を世界へ
・白川村の特産品紹介
・白川村の伝統行事を紹介
(写真・ビデオレター)
・海外研修実況中継(報告)
・白川村の偉人をレポート
 
3


32h
(140)

2
未来へつなぐ白川村
・高山市研修(9月)
白川村以外の観光地の現状・取り組みや課題を調査し、世界遺産白川村の将来を展望する。
白川村の観光紹介
・白川村の名所・旧跡紹介
(写真・ビデオレター)
・世界の世界遺産レポート
・白川村でホームステイ
・白川村の歴史レポート
 
2


26h
(140)

1












今を守り育てる白川村
・トヨタ自然学校研修(9月)
世界遺産白川の文化や伝統芸能などを守り継承するための努力や取り組みを調べ、地元の文化を深く学ぶ。

英語学習と
ふるさと
学習の
関連をはかります


伝統文化の
継承や
体験活動を
大切にします

白川村の伝統文化
・白川村の伝統行事を紹介
 (ホームページ)
・白川村を写真で紹介
・合掌造り集落を道案内
・白川村の観光スポット
 
1


26h
(140)
 小
6
世界遺産白川村
白川村が世界遺産となった経緯や、
合掌造りの仕組みや特徴などについて調べ、合掌村落マップを作成するなどして、わかりやすく紹介する。
白川村の産業
・白川村の行事
・白川観光スポット
・合掌集落を道案内
・世界の世界遺産
【相手を意識する】
白川村の宝物を英語で話す
6


35h
 

5
白川村の産業(米作り)
白川村の産業を概観し、白川村の米作りについて、実際に米作りを体験しながら、その苦労や収穫の喜びを味わう。
白川村の産業
・白川村の様子
・白川村の民具
・米作り体験の様子
・餅米を使った料理
【わかって使う】

5


35h

4
白川村の人々
白川村の文化や産業を築いてきた人々にスポットを当て、具体的にどんな思いを抱いて、どんな業績を残したのかを主体的に調べる。
白川村の人々・暮らし
・白川村の仕事、気候
・白川村の食べ物
・白川村の偉人
・白川村の偉人
白川村の特色を英語で話す
4


20h

3
白川村のくらし
白川村に住む人々の暮らしを仕事、気候、食べ物などの観点から調べ、白川村の特徴を知り、白川村の生活の仕方に興味・関心を持つ。

3


20h
   
 生活科  課 外
 小
2
 
白川村に親しむ
白川村の発見
・白川村の探検
・白川のいいとこ見つけ
・白川の自然見つけ
・白川のお年寄りとの交流
さくら山荘訪問
高齢者運動会への参加
・白川の保育園児との交流
 
 
白川村の人々・暮らし
・白川村の仕事
・白川村の気候
・白川村の食べ物
【ふれてまねる】
白川村の特色を英語で話す 
2


20h
 小
1
 
1


20h

▲Page Top

 

 

 

t_20.jpg

平成25年度現在

g_suii.jpg